スマッシュ

スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改めて。 スマッシュは、その人のテニスの実力を如実に現している。 シンプルにすることで、まだまだアナタはスマッシュをレベルアップ出来ま…
続きを読む
その他

愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。 そんな雰囲気に困っている上級生や部長、キャプテンの皆さんは、一度周りに聞いてみると良いと思います。 そして嫌なら、もっと良い方法を出させてみると良い。…
続きを読む
サーブ

重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。 こう考えている方は、しっかり肩を入れた状態を意識すると良いでしょう。 思い切って、相手に背中を向けるくらいの意識でいきましょう!  …
続きを読む
ストローク

ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

ストロークのコントロールで、差が出る部分。 それは、ストレート、ダウンザラインに展開するときに一番現れやすい。 皆さんは、しっかりコントロール出来てますか? このショットのレベル、がそのまま試合の勝敗…
続きを読む
その他

県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?

高校で実績を残して、鳴り物入りで大学生に。 でも、実際にそこで大きくつまづいてしまう選手、実は多いんです。 それはなぜか・・・を考えてみると、実に奥が深い。 私なりの見解を、書かせて頂きます。 &nb…
続きを読む
ストローク

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょう。 プロ選手の試合の中でも、ストローク主体の選手が多い中でいかにこのドロップを混ぜるか、が勝敗を分ける。 でも、実際に試合の中で…
続きを読む
ダブルス

「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか? 味方同士、励まし合いながら・・・のつもりが、一声で余計に緊張させてしまう。 そんな経験ありませんか? 無い、という方は・・・もっとペアの表…
続きを読む
ボレー

ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

テニスにおける難しい技術、ローボレー。 低い位置のボレーはネットを越えて、しかも相手コート内にバウンドさせないといけない。 難しいと思うからこそ、「何となくすくい上げて、誤魔化す」ようなボレーを卒業し…
続きを読む
その他

何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

キツイ練習、楽な練習。 皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断してますか? 何も考えていない・・・のが、一番危険。 私は、この「キツイ」という「楽」という2つの相反するもの、実は表裏一体、近しいものだ…
続きを読む
メンタル

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

サーブ、ストローク、ボレー・・・。 皆さんの周りにも、いませんか? ノータッチエース、相手に触られないでポイントを獲ることに美学を求める人。 そんな人は、そもそも性格がテニスに向いていないと思うんです…
続きを読む