サーブ

明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。 毎回同じような気持ち、メンタルで打てない・・・人は、こんなの試してみてはどうでしょうか? なかなか、日常だと起きていて目を閉じる、という行為…
続きを読む
サーブ

重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。 こう考えている方は、しっかり肩を入れた状態を意識すると良いでしょう。 思い切って、相手に背中を向けるくらいの意識でいきましょう!  …
続きを読む
サーブ

試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。 ですが・・・意外と、しっかり正面に深いサーブを狙うのは難しい。 なぜなら、サーブって少なからず変化していく、曲がっていく軌道だからですね。   試合…
続きを読む
サーブ

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

試合でサーブがなかなか入らない。 サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。 でも、その原因を知っていれば大丈夫。 自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。 &n…
続きを読む
サーブ

ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「意外とネット上ではセンターに近いところ」を通過しているのに気づいてる?

ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。 ダブルスでもシングルスでも、必要なのは良い軌道のイメージ。 つい、厳しすぎるコース設定になってはいませんか・・・?   ワイドへ厳しいコ…
続きを読む
サーブ

クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるようにしておこう

トスを低めのサーブ、を発展させていけばクイックサーブになる。 難しそうと思っていないで、ぜひ試して欲しいのがこの技術。 相手を出し抜いたり、風が強い日でもサービスゲームをキープ出来たり、良いことがたく…
続きを読む
サーブ

サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい

サーブの体重移動、皆さんどんなポイントを意識してるでしょうか。 なかなか、緊張した場面では難しい、考え過ぎてフォームがバラバラに・・・・ということもありますよね。 今回は、改めて基本について確認してお…
続きを読む
サーブ

スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

スピンサーブをしっかり高く、弾ませて相手を追い込みたい。 そう考えている人は、まず原則の部分から確認しておきましょう。 グリップや打ち方も大事ですが、まずこの基本から、ですね。   スピンサ…
続きを読む
サーブ

サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない。 テニスでは自分でボールを上げて打つ、このサーブが難しいんですよね・・・。 トスアップをしっかり安定させるために、どんな練習が必…
続きを読む
サーブ

ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」からが一番

ダブルスの試合、サーブはどういうコースが有効か。 センターはポーチに出やすい、ですが相手もしっかり練習している可能性が高い。 そこで、ボディへのサーブという選択肢を入れておきたい。 ボディへのサーブを…
続きを読む