ストローク

風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる

風が強い日、アナタはテニスの試合でどんなことを心がけますか? 風上には風上の、風下には風下の戦い方がある。 特に、風下に苦手意識を持っている人は、多いんじゃないでしょうか?   風下からは強…
続きを読む
ストローク

テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。 思い出してみて下さい。 こういう試合、多くないですか・・・? 攻撃して、相手を振り回しても最後は勝てない。 求められているのは、発想の転換です!  …
続きを読む
ストローク

相手の高い打点からのフラットを凌ぐ、「低い態勢からのスピンストローク」の打ち方とは?

相手のストロークが攻撃的で、厳しいとき。 特に高い打点からフラット系のストロークで打ち込まれたら、返球が難しくなる。 そんなときに、スピン系のストロークでしのぐ術、を持っておく必要がある。 格上相手に…
続きを読む
ストローク

ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」を意識しよう

ストロークの基本、実は・・・怖い部分がある。 それは、相手のボールが遅いと「安心」してしまうこと。 安心してしまうと、サボってしまって結果的にミスが増える。 こんな経験、無いですか・・・?  …
続きを読む
ストローク

キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」です

先週行われていたマイアミオープン、ベストマッチはやっぱり準決勝の フェデラー選手 vs キリオス選手 でしょう。 一見、凄い試合で自分たちには無理・・・とも思いますが、実はそうじゃない。 負けてしまっ…
続きを読む
ストローク

クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!

ストローク、特にクロス方向へのショットは一番使うショット。 シングルスでもダブルスでも、このショットを軸に試合を作っていくのがテニス。 でも・・・なかなか安定しない、という人はいませんか?  …
続きを読む
ストローク

ちょっと相手を追い込んで、すぐ安心する選手はいつまで経っても試合では勝てない

ストロークのラリー、力はあるのに試合で勝てない人は・・・詰めが甘い。 振り回すこと、それで満足している。 相手を追い込んで、それでポイントを取った気でいる。 これではいつまで経っても、甘い選手を脱却で…
続きを読む
ストローク

力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。 そう考えて自分を変えていきたい人は、やはり基本のポイントを見直してみましょう。 スタンスもしっかりまずは横向き、を作ってみましょう。 &…
続きを読む
ストローク

打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

現代テニスの申し子、のような選手。 しっかり粘りながらも、浅いボールはしっかり攻撃してくるタイプの選手、増えていますよね。 広い意味で言えば、錦織選手もこのタイプかも・・・。 どう料理するか、対策を練…
続きを読む