ストローク

「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

バックハンドストロークにボールを集められる機会、試合でも多いですよね。 ポジショニングで誤魔化しても、今度はフォアハンド側に打たれてバックハンド側を空けられてしまう。 ここはもう、しっかり基本からコツ…
続きを読む
ストローク

「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ

シングルスの試合で、しっかり相手からポイントを取る。 粘ることも大事ですが、浅いボールから攻撃出来ないと、いつまで経っても相手にプレッシャーはかかりません。 今回は、浅いボールから攻撃していくストロー…
続きを読む
ストローク

ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を実践しよう!

ナダル選手の武器、アナタは何だと思いますか? 強力なフォアハンド? いや、もちろんストローク自体強力ですが、実はそのストローク以上に、私はポジショニングの妙があると考えています。 相手を追い込んで、自…
続きを読む
ストローク

フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

テニスの試合、最初の打感でどうもおかしい。 そう感じながら、序盤になんとか対応してるけど・・・どうしても、ダメな日はある。 そうなったら、もう割り切るしかない。 足で勝ちを拾う、しかできない日もあるで…
続きを読む
ストローク

「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?

フワーっとした、深いボール。 それも、センター深くに入って来る。 シングルスの試合、こういうボールを打たれると、困りませんか? 今までは「センターに深く、緩く打とう!」という記事を書いてきましたが、今…
続きを読む

攻撃的なショットでの展開が、アナタの「特別なショット」になっていては試合で勝てるはずがない

相手と差を生み出すショット、皆さんは何ですか? フォアハンドストローク?リターン? いずれにせよ、それがアナタにとっての「特別なショット」である限り、試合で勝つのは難しいでしょう。   攻撃…
続きを読む
ストローク

チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

チャンスを決める。 テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょう。 きっと試合の中で悩んでいる方も多いはず。 でも、なかなか解決策が無い・・・とき、こんな発想はどうでしょうか。 きっと、世界が変わる…
続きを読む
ストローク

フォアハンドストロークが安定しないときには、「打点は前だけど、ゆったり振ってみる」ことで調子を戻せるはず

試合の中で、アナタの武器はきっと「フォアハンドストローク」じゃないでしょうか? そのフォアハンドが、緊張して触れない・・・どうしよう・・・となるとき。 これは、誰でも経験があると思います。 経験がある…
続きを読む
ストローク

テニスにおいて「こねるようなストローク」では、いつまで経っても重さが出ない

高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっている気がする・・・。 のは、私だけでしょうか。 これは、ラケットやガットといったギアの進歩とも関連している。 少し、ストロークを…
続きを読む
ストローク

テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろう

テニスの攻撃力、もっともっと高めていきたい。 でもこういう話の書き出しだと、「また、確実にいきましょう・・・」みたいな話か、と思った方も多いでしょう。 確かにその手の話ではあるのですが、今回は改めてポ…
続きを読む