スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。

ですが高校から大学、社会人とステップしていくにつれて、確実に増えていくのがスライス主体のプレースタイル。

どうしても地味で、守備的なイメージ・・・ありませんか?

そんな選手の方ほど、実は攻撃にも使えるということを覚えておいて欲しいのです。

 

「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?

 

■攻撃的なスライス、守備的なスライスとは?

皆さんの周りにスライスでストロークを打てる人、どの程度いるでしょうか?

何となく、バックハンドの厳しいときだけ・・・みたいな方も多いと思いますし、それでも充分有効。

走らされたとき、やっと追い付いたときにスライスで凌げると便利。

ですが、攻撃的なスライスとなると、なかなかイメージが湧き辛い。

しっかりチャンス、のときにはやっぱりスピン系でハードヒットしたいですもんね。

でもここで、あえて「重い」スライスを使ってみると、プレーの幅は非常に拡がります。

 

■重いスライスとは、「回転量が少ない」スライスショット

フラット気味、のスライスのストロークを受けたことはありますか?

非常に返球し辛いし、ボールスピードもある。

回転量が少ないので、失速しないけどバウンド後に滑ってくる感じはまさにスライス。

しっかり前足に体重を乗せて、上から抑え込むようなスライスが打てると、絶対に試合で効果的です。

特に相手が後ろで粘ったりするような相手だと、一本調子のストロークではまず崩すのは難しい。

コツは、しっかり横向きから相手に背中を向ける、くらい上半身をひねること。

そして、身体が前を向かないように、しっかり横向きで打ち終わるくらいの意識でOK。

フラットに近いかも・・・くらいの感覚で、一度チャレンジしてみて下さい。

 

■スライスで攻撃出来ると、ダブルスでも効果的!

攻撃的なスライスが打てるようになると、ダブルスの後衛のときにも使える。

相手は高い打点で打てなくなるので、前衛がポーチに動きやすくなります。

それに、スライスショットって、実は「ドロップショットを打つ構え」にも見える。

相手は、「前かも・・・」と一瞬迷ってくれるから、その後の深いボールがより効果的に効いてくれるんですよね。

錦織選手も実はこの渋い手を得意にしていて、フォアハンドのドロップショット、と見せて重いスライスの深いストローク、を試合で使っています。

普通に深くスライスを打つだけで相手が動揺してくれる、なんて便利なショットなんでしょう。

 

普段のラリー練習、からスライスを使っていく。

まずはこれでしょう。

いきなり100点のショットが打てる訳が無い、ので根気強く。

グリップや打点、足の運び方など、自分で工夫していくことが大事です。

ぜひ、今年のテーマの一つとして攻撃的なスライス、入れていきましょう!

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。




コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 1 レビュー
by ぴょん

フラット系のスライスは弾道が低く落ちにくいのでネットやベースラインのミスが多くなりがちです。威力として効果はあるとおもいます。特にオムニではかなり効くと思います。一方でリスクがトップスピンより高いので,シングルスのように守備を重視する場合には使いにくいです。トップスピンを普通は使う人はトップスピンとスライスの打ち分けの方が効果的ではないでしょうか?

コメントありがとう御座います。
仰る通り、スライスと組み合わせるにはまずスピン、が最も有効だと思います。
スライスだけになると、相手も慣れて来ますしね。
攻撃的なスライスと、守備的なスライス、に基本となるスピンをしっかり混ぜていける形が理想ですね。
ご意見、ありがとう御座いました。