シングルスの試合で、求められるストローク。

それは、外に逃げていく軌道のストローク、がポイントになってくる。

深いストロークも大事ですが、下がって対応されるとなかなか厳しいですよね。

今回は、いかに相手を外に追い出せるか、をテーマに考えてみましょう。

 

シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

 

■相手のポジションが後ろなのに、深く打っても無意味

シングルスでは、シコラーが強い。

その原因は、アナタ自身にもあるのです。

相手が深い位置で守っているのに、深いストロークをどんどん打ってもそれは相手にとって思うツボ。

打ちやすい場所、守りやすい場所に打っているだけ、かも知れません。

ここで必要なのは、横に鋭く切れていくような角度が付いたストローク。

それも、バウンド後に効果的に変化してくれると、試合で使えるショットになります。

 

■ボールの横を打つスピン回転、を覚えよう!

ボールの横を捕らえるようなストローク、打てますか?

コツはまず、打点をしっかり前にすること。

ボールの横にラケットを入れる必要があるので、しっかり準備を早くしてラケットの先を前に出していく、ボールはサービスエリアにバウンドさせるくらいのでちょうど良い。

もう一つ、なるべく自分が打つポジションは前、が望ましい。

ベースライン内側、で打てるとネットとの距離も近いし、ミスが減る。

相手が戻る時間も与えない、しかもキレがあるスピン系のストロークが打てるはずです。

 

■狙いはセンターストラップから1メートル横、で充分

思い切ってサイドライン、を狙いたいところですが、実際にはこのくらいで充分。

あまり狙い過ぎると、身体が正面を向くのが早くなってコントロールが付き辛い。

あくまで狙いは、センターストラップから1メートル横、くらい。

そこを通過させて、サービスエリアにバウンドさせるくらいの意識、で充分でしょう。

アナタ自身が立っている場所からクロス方向に、と考えれば、自然とネットの上の「どこを通すか」が見えてくる。

見えてくれば、もうショットは出来たようなもの。

しっかり練習前に、自分の軌道のイメージから入りましょう。

 

スピン系のショットにも、色々ある。

深い威力があるストローク、だけでは試合に勝つのは難しいでしょう。

「ボールの横を、早い準備で打点前で触ってみる」ことで、新しい回転が身に付くはずです。

ボールの後ろ、ではなく横を打ってみるとストロークは変わります!

ぜひ、試してみて下さいね。

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。




コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 1 レビュー
by むみ

こんにちわ。今日の試合でシコラー型に惨敗したので失意の中からネットサーフィンしているうちにたどり着きました。ためになるヒントを沢山教えていただいて、これを昨夜のうちに読んでおけば!!と後悔先に立たずです。さて、文中で書かれている「ボールの横を捕らえる」とは、ボールのどっち側なのでしょうか?フォアハンドの場合ボールの右側なのか左側なのか、ちょっとわかりませんでした。解説していただけると助かります!

ご連絡ありがとう御座います。外に逃げるサイドスピンは、基本はボールの内側、自分の身体に近い側にラケット面を当てて、横回転をかけていくと効果的だと思います。少しだけ打点を近く、インサイドアウト=内側から外側にラケットを振っていく動きで、トライしてみて下さい。
文章のみのサイトで、なかなかお伝えし切れないところもあるかと思いますが、今後も読んで頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします!