社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。

試合もダブルスのみ、という方が多いように思います。

悪くはない、と思いますがふと「シングルスには出ないんですか?」と聞いてみると、決まって戻ってくるのがこの返事。

ちょっと・・・私はそこに違和感、を覚えるんです。

 

「走れないからシングルスの試合には出ない?」そんな人ほど、ダブルスの試合も走れてないから

 

ダブルスの方が、実は走力を求められる

コート上に2人いるから、つい安心してしまう。

ですが、考えてみて下さい。

アナタが後衛の選手なら、前衛の後ろの厳しい箇所はカバーに走らないといけない。

シングルスよりも、ダブルスコートの方が広いんです。

それなのに、「シングルスコートを守れるほど、走れない」と皆さん仰いますよね。

そんな人に限って、ダブルスの試合でも走れていない。

いや、走らなくても良いとどこかで甘えているんです。

 

ダブルスの試合って、めちゃくちゃ走るのが普通

走力が無い、というのはテニスでは大きな痛手になる。

ですが、安心して下さい。

テニスではポジショニングと予測、である程度はこの走力をカバー出来る。

でも、当然予測が外れる場合もあれば、相手の前衛がアグレッシブに動いて、ボールを展開してくるかも知れない。

そんなときには、まずしっかり「コートの端から端まで、走り切る」という意識は大事です。

ベテラン、シニアの方にも、この走力って求められるんですよ。

 

どんなに戦術、技術を鍛えても、ベースになるのは走力

ポジショニング、読み、全てを踏まえてアナタの「走力」です。

テニスでは、コートカバーリングの力、ですね。

そもそもボールに追い付けないと、鍛えたショットだって一つも打てない訳じゃないですか。

これを身に付けるには・・・私は、「シングルスの試合に出てみませんか?」と、改めて言いたいです。

ダブルスには無い、自分でカバーしようと考える力が養えますし、何より責任感が生まれる。

走って拾って、泥臭いテニスは嫌?

きっとそんな人は、相手にとって戦いやすい対戦相手なはずですよ。

 

走力を鍛える、という部分は逃げてしまいがち。

毎日ランニング、は辛いですよね。

まずは、シングルスの試合に出てみませんか?

コートカバーに必要な意識、ダブルスだから甘えていた部分、きっと気付くと思います。

勝てるダブルスプレイヤーって、やっぱりめちゃくちゃ走ってますからね。

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。



コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 0 レビュー