「きっと○○だろう」

「○○は大丈夫だと思う」

ダブルスペアで、色々細かく確認していないと・・・相手を勝手に信用してしまう。

でもこういうときって、大抵「分かっていない」と思った方が良いでしょう。

 

「これくらい、分かっているだろう」ということは、テニスのダブルスペアでも大抵分かってはいない

 

「なんで、ポーチに出てくれないんだ・・・」というジレンマ

皆さんも、ペアに対して思ったことは無いですか?

「ファーストサーブが入ったのに、なんでポーチに出てくれないんだろう・・・」と。

ファーストサーブが入ったら、やっぱりサーバーとしては前衛に動いて欲しい。

でも、きちんとポイント間で打ち合わせ、してましたか?

していないのであれば、それは「だろう、だろう」ダブルスの典型例。

勝手に期待して、相手に失望していては試合に勝てる訳ではありません。

 

「だろう、だろう」ダブルスは、大事な試合で勝てない

きっと、試合の中で上手くいくこともある。

ですが、大事な試合では1ポイントが重要になってくるし、緊張感も桁違い。

そんな場面でしっかり両者の息を合わせるなら、「だろう」ではなくて「絶対こうしよう!」という形に打ち合わせしておくこと。

相手が分かっている、と思うことでも細かく確認しておくことが大事。

「言わなくても、分かるよな・・・」ということも、絶対に確認しておきましょう。

 

「だろう」予測は、自分を過大評価し過ぎ

得てして、相手を低くみてしまう。

これが「だろう」テニスの一番まずい点です。

「試合の後半、相手は体力が落ちて崩れてくれるだろう・・・」と思って、もし体力全開で後半もバリバリ、だったらどうします?

あまりに安易な予測は、危険。

甘い予測を立てるときは、自分がしんどい時、なんですよね。

このことは、予め頭にいれておきましょう。

「きっと、○○だろう・・・」と思い始めたら、黄色信号です。

 

ダブルスペアでのコミュニケーション、もっともっと、当たり前の部分から。

長く組んでいるペアこそ、「実は、○○についての認識が違っていた・・・」ということは、よくある話。

しっかりポイント間、だけじゃなくてオフコートでも話し合う。

当たり前の部分、戦術から確認してみましょう。

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。



コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 0 レビュー