テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。

「練習に上手い、下手・・・なんてあるの?」と思った方も多いと思いますが、強豪校や試合に強いサークルの練習は実に効率的。

皆さんは、練習をすること、それ自体の能力は上がってますか?

 

テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

 

「練習」は「試合」から逆算していく

試合で求められること、を練習する。

言ってみれば当たり前のことですが、これがなかなか難しい。

練習が下手な人は、練習すること自体で満足しているので、試合では練習とかけ離れたプレーになってしまう。

要は自分次第、ですが、練習を上手く実施していくという意識は大事。

試合から逆算して、必要なものを優先して練習していく。

この工夫と実践力が、練習力、です。

 

練習が上手くなるということは、自分から「提案出来る」ということ

テニススクールのように、コーチが仕切ってくれる場所もある。

ですが、仲間内で練習したり、部活でも今ではほとんどの学校が「生徒主体」で練習を考え、実施しているはず。

ここで、練習が上手い人は「提案力」がある。

「今日はこういう練習をしよう。なぜなら・・・」

この、「なぜなら」がポイントです。

自分とチームを客観的に観て、必要な練習を常に考えておく。

そして、勇気を持って周りに提案していく。

こういう行動力こそ、練習力に直結していくと私は考えています。

 

練習メニュー、自分で考えよう!

個人練習でも、チーム練習でもそうです。

提案する勇気がない、という人はまず自分で考えてみましょう。

「毎日、ショートラリーからストレートラリー、ボレー球出し、ゲーム形式・・・同じことばっかりだな。。」と、疑問を持つことから始まる。

きっと、アナタやアナタのチームが出来る練習はもっと無限にある。

自分で練習を考えることによって、人が考えたメニューにも自分の意見が持てるようになる。

そうなると、自然に練習する力も上がってくる。

練習力の向上は、自分から考えて動く以外に道は無いのです。

 

普段は、同じことの繰り返し。

繰り返し同じことを練習するということは・・・正直、マイナスな要素もあります。

「それ以外のこと」が苦手になります、からね。

試合に不向き、だとは思いませんか?

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。




コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 0 レビュー