試合でサーブがなかなか入らない。

サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。

でも、その原因を知っていれば大丈夫。

自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。

 

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

 

サーブを上方向に打つ、には勇気が要る

何度かサーブは、「上方向に打つことが大事」と書いてきました。

サーブも山なり、が基本です。

でも・・・どうですか?

実際にサーブを打つ時に、「上方向に打つ」のって、勇気が要りませんか?

サービスエリアにボールをバウンドさせないと、サーブはフォルトになりますからね。

その恐怖心から逃れる為に、どうしても上から押さえつけてしまう。

これがサーブの乱れの元、になるのです。

 

勇気を持って上方向に打てば、絶対にサーブは入る!

特にセカンドサーブ、ですね。

アナタ自身、サーブが入らないときは軌道がおかしいはず。

直線的に、抑え込んだような打ち方になっているから入らない。

勇気を出して、上方向に打つ、コートを軸足でキックして身体全体で力を伝えていく意識が大事です。

試合中に、修正出来るかどうか。

「意識は上、山なりのサーブを打てば絶対に入る!」と、思えるかどうかです。

 

回転系のサーブを覚えないと、サーブはいつまでも安定しない

今まで書いてきたこと、の大前提は・・・回転系のサーブ。

ぜひ、この春に皆さんしっかり練習して欲しい。

フラット系、合わせるだけのサーブは、卒業しましょう。

「どうやって打つのか?」については、アナタの周りにきっとたくさんヒントがあるはず。

ラケットの持ち方=グリップ、トスの位置、盗めるところは盗んでいきましょう。

力んでしまう人は特に、回転系のサーブに活路を見出せば試合で勝てるはずです。

 

力んでしまうのには、必ず理由があります。

それはスピードを求める・・・というのもあるでしょうが、それ以上に、「サービスエリアにバウンドさせないと!」というプレッシャーのはず。

勇気を出して、上方向にボールを打っていく。

この意識で、必ずサーブは変わるはずです。

 

今回のまとめ

勇気を持って、サーブを上方向に打って軌道を山なりにしていこう!

 

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。




コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 0 レビュー