チャンスに強い人、は本番にも強い。

結果も出せる。

でも・・・「チャンスボールを決める」という意味だけじゃなく、もっと広い意味で考えてみませんか?

アナタ自身、テニスで成功したいなら、チャンスを活かす意識は凄く大事です。

 

テニスでチャンスを活かせる人は、日頃からチャンスに備えた準備が出来ている

 

チャンスは実は、平等に与えられている

「あいつは、持っている・・・」という人、いませんか?

なぜか運が良い、テニスの実力以上に結果も出せる。

そういう人って、何が違うんでしょうか。

私が思うのは、そういうチャンスって実はみんなに平等に与えられている。

それに気付いて乗っていけるか、どうかの問題だと思います。

目の前を通過していくこと、チャンスを逃している自分に、まずは気付いてみることから始まるでしょう。

 

例えばいきなり、プロ選手が自分の学校に練習に来る・・・とか?

すごく極端な例ですが・・・これに近いことが、あるかも知れない。

練習場所が無くて、自分の部活にプロ選手が練習に来る。

または実績のあるOBが来る、なんてことは大学のサークルでもあるでしょう。

「面倒だな・・・気を遣うし・・・」と思う、のが普通だと思います。

ですが、面倒だと思っているとチャンスはすり抜けていく。

一緒に練習する、話すことで、アナタのテニスは劇的に変わるかも知れない。

このチャンスを掴むには、まずは部活やサークルにしっかり参加していること、そして人が面倒だと思うことから逃げないこと。

これが実は、大きな成功の種になっていくのです。

 

準備しておく、備えておくことはテニスにおいて大事

勝てるチャンスを逃す、というのも結局は準備不足。

作戦もそうですが、例えば試合にまさに勝てそうになっているのに、「靴紐が切れる」ということもあるかも知れない。

ペアのシューズ、予備の靴紐があれば勝てる・・・けど、何も備えが無いと危険ですよね。

せっかくの勝てるチャンスを、そのまま逃してしまうことになる。

小さいことですし、ほとんどが「使わないで終わる」ことばかり。

でも、チャンスを逃さない人は人が面倒だと思うことを準備している。

意識してみるだけで、アナタにもチャンスが舞い込んでくると思いますよ。

 

チャンスも、人を選ぶ。

幸運は、準備している人に何度も訪れる。

いや、訪れている回数はみんな同じなんですが・・・一度チャンスをものにした人は、そのうまみも知っている。

だから何度も、準備を繰り返して成功していく。

アナタは・・・どうですか?

 

今回のまとめ

テニス界でも準備に余念が無い人に、チャンスは何度も訪れる

 

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。




コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 0 レビュー