スライスサーブといえば、ワイドに切れていくことで有効なサーブ。

特に左利きの方は、得意にしている方も多いかと思います。

このデュースサイドからのスライスサーブ、実はセンターに入れても有効なサーブになることは、あまり知られていません。

上手く狙えば、ボディへ食い込む非常に効果的なサーブになって、試合で有効活用できるのです。

 

「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!

 

テニス スライスサーブ

 

■ボディへのサーブは「大事なポイント」で頼りになります!

大事なポイントは、試合の中で必ずあります。

「このポイントを獲るかどうかで、試合の大局が決まる・・・」そんなときに、どんなサーブの選択肢があるでしょうか。

リターン側も思い切って山を張ってくる可能性も高い。

そんなときに、ボディへのサーブはとても有効です。

左右のサイドラインを狙うよりも入りやすいですし、エースにならなくとも相手は攻撃し辛い。

そんなボディへのサーブでお勧めなのが、右利きの方であればデュースサイドからのセンターへのスライスサーブ。

左利きの方であれば、アドサイドから同じサーブがとても有効です。

 

■スライスサーブは女性でもコントロールしやすい魔法のサーブ

スライスサーブはボールの横を切ることで、回転をかけて曲げていく。

曲がりながら落ちてもくれるので、非常に安定感のあるサーブになります。

コントロールのコツは、「自分のサーブの曲がり具合」をしっかり確認すること。

ネットの上を通過するときには、恐らくデュースサイドであればセンターベルトの約1m右側を狙い、曲がって入るように練習しましょう。

遅くても大丈夫。

遅ければ、それだけ相手が悩んでくれる時間があり、それでボディに食い込んでくればよりリターンし辛いサーブになります。

 

■ダブルスで使うときには、前衛はしっかりロブケア&チャンスボールを待つ

ボディに食い込んでくるボールは、順クロスには返球し辛い。

フォア側で回り込まれたら苦しいときもありますが、基本的にはきゅうくつなバックハンドのリターンになる可能性が高いでしょう。

そこでケアすべきは、ロブで逃げてくるケース。

甘くなることも考えて、前衛は相手の「窮屈度合い」を観察しつつ、チャンスを仕留める準備をしましょう。

 

当然、このサーブも相手が慣れてくればリターンのポジションをセンター寄りにしたり、対応してくることが考えられます。

そうなると、よりワイドのコースが空きますね。

スライスサーブしか打てなくても、この2コースの打ち分けがしっかり出来れば、相手のリターンにプレッシャーをかけることができます。

女性の皆さんも、「サーブは入れるので精一杯」という段階から抜け出す為に、まずはスライスサーブを磨いてみてはどうでしょうか。

特にダブルスで勝ちたい人に、お勧めです!
■メールマガジンでも配信中です

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。