私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。

このサーブは、いまだに試合でも苦労しています。

攻撃的にいきたいけど、やっぱり確率重視、どこで落としどころを見つけるか・・・と考えたときに、立ち戻りたい基本はこれ。

改めて、書いてみたいと思います。

 

サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

 

■サーブの打点は、最高到達点?

アナタ自身、サーブの打点は「高ければ高いだけ良い」と思ってはいませんか?

私もつい、この錯覚に陥りがちです。

人は一番高いことろ、でボールを打とうとするとかなり身体が伸びきった状態になる。

ボールに力を伝えるには適していませんし、そこからは下方向に打ち下ろすしか出来ない。

むしろ少しだけ低め、の打点で「上方向に力を伝えていける場所」がサーブの打点として、適しているのです。

一番自分が打てる高い場所、より20cmくらい下がべストの打点でしょう。

 

■上方向に伸び上がりながら打つから、ボールの軌道が山なりになる

サーブが安定している人は、その軌道を観れば一目瞭然。

最初の打ち出しの段階で、少しですが上方向にボールが打ち出される。

そこからネットの高い位置を通って、相手コートに変化してサービスエリアに入っていくサーブが、試合で使えるサーブです。

打点を少しだけ低めに取ることで、ボールが当たってから上に伸びていける余剰がありますよね。

この「余剰」がサーブを安定させるカギになります。

 

■ダブルフォルトは、圧倒的にファーストサーブネット、が多い!

皆さん、思い出してみましょう。

ダブルフォルトするときのシチュエーション。

圧倒的に多いのは、ファーストサーブをネットしてしまうとき。

その後のセカンドサーブ、が入らないのです。

まずファーストサーブから、しっかり山なりにして「オーバーフォルト」していくつもりで打ちましょう。

ネットを超えて距離が長くなったオーバーフォルトは、調整が効く。

その為には、しっかり山なりな軌道に変えていく、打点を少し落としてでも上方向に抜けていく身体の動き、を意識してみましょう!

 

山なりなサーブは、かっこ悪いし弱いようなイメージもあるかも知れません。

ですがそれは、誤解。

直線的なサーブを打つには、物理的には2.5メートルくらいの身長が必要。

プロ選手だって、みんな山なりな軌道から変化させてサーブを打っている。

サーブに行き詰ったときには、ぜひこのポイントを意識してみて下さい!

元テニスコーチ、JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。




コメント投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

記事へのコメントを投稿する


平均:  
 0 レビュー