ストローク

並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で打ち方自体は変えないでいこう!

ショートクロスで並行陣を崩したい。 でも・・・いつものストロークと何かを変え過ぎて、おかしな感じになってはいませんか? 変える部分は、一つだけ。 そう、基本は打点だけ、です。   並行陣を崩…
続きを読む
サーブ

明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。 毎回同じような気持ち、メンタルで打てない・・・人は、こんなの試してみてはどうでしょうか? なかなか、日常だと起きていて目を閉じる、という行為…
続きを読む
サーブ

重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。 こう考えている方は、しっかり肩を入れた状態を意識すると良いでしょう。 思い切って、相手に背中を向けるくらいの意識でいきましょう!  …
続きを読む
メンタル

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

サーブ、ストローク、ボレー・・・。 皆さんの周りにも、いませんか? ノータッチエース、相手に触られないでポイントを獲ることに美学を求める人。 そんな人は、そもそも性格がテニスに向いていないと思うんです…
続きを読む
ボレー

相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

深いボレーで相手を追い込む。 サーブ&ボレーからの並行陣、まず深いファーストボレーが入れば・・・もうポイントはかなり優位に進められる。 でも浅いと反撃されるのが、現代テニスのストロークの怖い所。 深い…
続きを読む
サーブ

試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。 ですが・・・意外と、しっかり正面に深いサーブを狙うのは難しい。 なぜなら、サーブって少なからず変化していく、曲がっていく軌道だからですね。   試合…
続きを読む
スマッシュ

スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。 でもそれも、中級レベルまででしょう。 上のレベルで勝っていくには、スマッシュに必要なポイントがハッキリしてくる。 きっと、気付いていないで拾わ…
続きを読む
スマッシュ

スマッシュの決定力を磨きたければ、サイドライン狙いでコートから追い出すイメージを!

スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。 強い選手って、絶対にスマッシュを決める、それも1発で。 その秘密は、コース取りの意識にあるのです。   スマッシュの決…
続きを読む
ストローク

どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事

自分のプレーを見直したいとき。 この基本を、まずは意識してみて欲しい。 試合の中で調子が悪いときも、意識するだけでスコアを戻せるはず。 学生の皆さんも、負けているときこそ意識してみて下さい。 &nbs…
続きを読む
サーブ

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

試合でサーブがなかなか入らない。 サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。 でも、その原因を知っていれば大丈夫。 自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。 &n…
続きを読む