サーブ

明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。 毎回同じような気持ち、メンタルで打てない・・・人は、こんなの試してみてはどうでしょうか? なかなか、日常だと起きていて目を閉じる、という行為…
続きを読む
サーブ

重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。 こう考えている方は、しっかり肩を入れた状態を意識すると良いでしょう。 思い切って、相手に背中を向けるくらいの意識でいきましょう!  …
続きを読む
リターン

センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。 ですが・・・実際の試合は、どうでしょう。 厳しいサーブがセンターに入って、そこにやっと喰らい付く、ようなリターンもありますよね。 そ…
続きを読む
サーブ

試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。 ですが・・・意外と、しっかり正面に深いサーブを狙うのは難しい。 なぜなら、サーブって少なからず変化していく、曲がっていく軌道だからですね。   試合…
続きを読む
シングルス

個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

今年こそ、結果を出したい・・・。 そう、個人戦で!と考えている人は多いでしょう。 個人戦って、テニスの醍醐味。 ですが考え方をしっかり持っておかないと・・・危険です。   個人戦で結果を出し…
続きを読む
ストローク

風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる

風が強い日、アナタはテニスの試合でどんなことを心がけますか? 風上には風上の、風下には風下の戦い方がある。 特に、風下に苦手意識を持っている人は、多いんじゃないでしょうか?   風下からは強…
続きを読む
サーブ

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

試合でサーブがなかなか入らない。 サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。 でも、その原因を知っていれば大丈夫。 自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。 &n…
続きを読む
サーブ

ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「意外とネット上ではセンターに近いところ」を通過しているのに気づいてる?

ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。 ダブルスでもシングルスでも、必要なのは良い軌道のイメージ。 つい、厳しすぎるコース設定になってはいませんか・・・?   ワイドへ厳しいコ…
続きを読む
サーブ

クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるようにしておこう

トスを低めのサーブ、を発展させていけばクイックサーブになる。 難しそうと思っていないで、ぜひ試して欲しいのがこの技術。 相手を出し抜いたり、風が強い日でもサービスゲームをキープ出来たり、良いことがたく…
続きを読む
シングルス

シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手であると仮定してみよう

滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得意な選手はいる。 学生でも、社会人でも、こういう相手は厄介です。 普段慣れていない、からこそ特別な対策が必要。 こういう発想、どう…
続きを読む