ストローク

速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない

ストロークで自滅する人。 並行陣、を苦手にしている人はすぐ分かります。 なぜって、物理的に難しい、ことに何度もチャレンジしているから。 そんな選手はもう、試合で戦う、前にもう勝負はついているでしょう。…
続きを読む
ストローク

並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で打ち方自体は変えないでいこう!

ショートクロスで並行陣を崩したい。 でも・・・いつものストロークと何かを変え過ぎて、おかしな感じになってはいませんか? 変える部分は、一つだけ。 そう、基本は打点だけ、です。   並行陣を崩…
続きを読む
シングルス

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

粘り強い、だけじゃない。 なぜか、なぜか自分から崩れていってしまう・・・しっかり自分も対策を練ってきているはずなのに。 上のレベルになると、ただ粘って勝ち上がる選手なんて、少ない。 そう、ミスを引き出…
続きを読む
シングルス

シングルスの試合で必要なストロークの展開力について、「同じ構えから前後に打てる」と格段にレベルが上がる

シングルスの試合で、ストロークの展開力が乏しい人は、試合に勝てない。 ただつないでいるだけでは、勝てる相手も限られる。 もちろん粘る要素も大事ですが、しっかり自分の間でストロークが打てるときには「展開…
続きを読む
サーブ

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

サーブは深いのが大前提。 深さがあるから相手も踏み込めないし、リターンも甘くなりやすい。 ですが、ワイドのサーブとなると・・・ちょっと要素が変わって来る。 深さだけ重視していると、本当の意味で良いサー…
続きを読む
ストローク

シングルスの試合で使えるショートクロスは、「高い打点から起動高め」で振り切っていこう

最近のシングルスの試合での流行、の一つがショートクロスの使い方にある。 ジョコビッチ選手や錦織選手が、特にフォアハンドで使う機会が増えて見直されているように思います。 エースを獲る訳じゃなく、相手の態…
続きを読む
ボレー

ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い

ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャーをかけられること、ありませんか? 私はたくさんあります。 特にダブルスで、相手が並行陣を敷いてくるときにショートクロスで揺さぶろ…
続きを読む
シングルス

シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つためには?

何度か「自分から前に出る重要性」を書いてきましたが、逆に相手に先に前に出られたら・・・? 慌てずしっかり、対応出来ますか? 特にシングルスでは走らされたときに、いかにネットにいる相手に冷静な対応が出来…
続きを読む
ダブルス

ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃していく選手が多い。 もちろん、並行陣の後衛を揺さぶる有効なショットですが、なかなかリスクも高いですし勇気がいるショット。 それに…
続きを読む
リターン

「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。 シングルスではいない、前衛がそこにはいますから、気になりだすときりが無いですよね。 この「前衛に触られない」そして、「後衛にとっても嫌なリターン」…
続きを読む