サーブ

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

試合でサーブがなかなか入らない。 サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。 でも、その原因を知っていれば大丈夫。 自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。 &n…
続きを読む
サーブ

テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

サーブを強くして、キープ率を上げたい。 そう考える人は、多いはず。 ですが、急に速度やコントロールが向上する・・・のは、難しいですよね。 すぐに実践でサービス力を上げるには、私はこれしかないと思ってい…
続きを読む
サーブ

「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生まれるのか?

先週、あるテニスのイベントでスピードガンコンテストの企画をやる機会があろいました。 私は計測係として、ソニースマートセンサーを用いて計測していたんですが、実際に表示される速度と、リターン側で感じる速度…
続きを読む
サーブ

試合の後半で体力を消耗したときに、「しっかりファーストサーブを入れていく」のに必要なポイントは‥?

試合の後半、体力が落ちてくると影響が出やすいのがサーブ。 学生の方でも一般の方でも、試合の後半のここぞという場面で、しっかりファーストサーブが入らないと辛い。 せっかく良い試合をしても、1ブレーク、タ…
続きを読む
サーブ

セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見直そう

セカンドサーブは回転量を増やしたい。 軌道も高くして、スレスレに入るサーブではなく、「絶対に入りそうな雰囲気のサーブ」にしたい。 だからこそ、ボールをこすって入れにいくようなサーブになりがちな人は、注…
続きを読む
サーブ

安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に」返していくこと

安定感のあるサーブ、皆さんはどんなイメージですか? きっとネットの高い位置を通って、ググッと変化して落ちて入る。 この軌道を実現する為には、手のひらを外側に返していくようなスピンサーブが必要です。 硬…
続きを読む
サーブ

テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

サーブのコースの打ち分け、皆さんはどの程度意識しているでしょうか? 「トスを変えれば」ある程度打ち分けられる・・・という人、多いと思います。 初中級レベルなら「トスの位置を変えて、サーブのコースや球種…
続きを読む
サーブ

自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

自分のサーブ、どれくらい相手に伸びていっているのか。 入ったコースは把握出来ても、その「伸び」ってなかなか実感沸かないですよね。 自分一人でサーブ練習をする機会もあるかと思いますので、ぜひ意識してもら…
続きを読む
サーブ

スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。 特にセカンドサーブでしっかり回転量のあるサーブを打てると、リターンからの攻撃を抑制出来て効果的ですよね。 ですが、スピンサーブをしっ…
続きを読む
サーブ

サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来るようになろう!

サーブが安定しない・・・と感じている人は、身体が開いているケースが多い。 横向きの状態から、トスアップするとどうしても身体が前を向いて、ただ「ベタッ」と当てるようなサーブになっている方、特に女性の方で…
続きを読む
12