リターン

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

サーブが強力な相手に、どう戦うのか。 なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。 その為に、まずはこの意識で粘り強くリターンゲームを進めていきまし…
続きを読む
ストローク

スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。 私が一番、スライスショットの「良いな!」と思う部分は、ココです。 スピン系だと難しいことが、スライスだと出来るのがテニスの面白いところですね。…
続きを読む
ストローク

チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

チャンスを決める。 テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょう。 きっと試合の中で悩んでいる方も多いはず。 でも、なかなか解決策が無い・・・とき、こんな発想はどうでしょうか。 きっと、世界が変わる…
続きを読む
リターン

ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。 それは、どこかで「割り切れていない」からかも知れません。 相手のサーブがすごく良い、それなのに自分も「すごく良い」リターンで対抗しとうとしてい…
続きを読む
ストローク

攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるということ。 もちろんスピン系のショットも両方に使えますが、スライスのメリットって、何でしょう。 この部分をしっかり考えていくと、アナタの…
続きを読む
ボレー

自分が思っている以上に、「ボレーでは手首をこねている」から軌道が安定しないのです

ボレーが上手い人は、本当にどこにでも打てるような雰囲気がある。 非常にテクニカルなショットを打っているので、つい手先で色々とやっているような印象ですが、実はそうじゃない。 ボレーが上手い人ほど、実は手…
続きを読む
ストローク

「苦し紛れのロブは、大抵入らない」からこそ、別な武器を用意しておきましょう

深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか? 余裕が無いときには、苦し紛れのロブ、になってたりしないでしょうか・・・。 試合で繰り返しているなら、何かを変えていかないと。 そう、…
続きを読む
サーブ

テニスの試合では、「ワイドへのスライスサーブ」をしっかり磨いておいておけば、絶対に有効です

打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。 その技術の一つは、ワイドへのスライスサーブ、です。 右利きの人は、意識が低いな・・・と思ってしまう。 磨いて身に付けるだけで、絶対に試合でも優位に…
続きを読む
ボレー

ボレーで覚えたいタッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。 柔らかいドロップ系のショットや、ファーストボレーを自在にコントロール出来るようになると・・・きっとテニスってもっと、幅が拡がるはず。 でもそういうのって、センスが必…
続きを読む
リターン

ブロックボレーやブロックリターンは、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場面、ありますよね。 速いサーブのリターン、何か特にそう。 ですが、「合わせるだけ」だと・・・どうですか? そのままラケットごと弾か…
続きを読む