ダブルス

「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか? 味方同士、励まし合いながら・・・のつもりが、一声で余計に緊張させてしまう。 そんな経験ありませんか? 無い、という方は・・・もっとペアの表…
続きを読む
リターン

センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。 ですが・・・実際の試合は、どうでしょう。 厳しいサーブがセンターに入って、そこにやっと喰らい付く、ようなリターンもありますよね。 そ…
続きを読む
ストローク

浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。 ネットプレーに対抗するには、必要なショットですよね。 でも、よく考えてみて下さい。 浅いボール、アナタ自身もネットに近い位置からだと…
続きを読む
ダブルス

魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れないのは当たり前

少し、極端な例かも知れませんが・・・。 ダブルスの試合を観ていると、感じます。 せっかくコートに2人いるのに、その強みを活かせていない。 前衛が苦手、ボールに触れない人は、この意識を持ってみて下さい。…
続きを読む
スマッシュ

スマッシュの決定力を磨きたければ、サイドライン狙いでコートから追い出すイメージを!

スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。 強い選手って、絶対にスマッシュを決める、それも1発で。 その秘密は、コース取りの意識にあるのです。   スマッシュの決…
続きを読む
ストローク

スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。 私が一番、スライスショットの「良いな!」と思う部分は、ココです。 スピン系だと難しいことが、スライスだと出来るのがテニスの面白いところですね。…
続きを読む
ダブルス

困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。 困ったら、とにかくロブ!ロブ! 確かに、ロブを打っていれば勝てる試合もあります。 でもそれも、市民大会の3回戦まででしょう。 そこ…
続きを読む
その他

テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!

以前にお会いした方に、こんなことを言われました。 「テニスの団体戦って、結局個人戦を何回かやって、勝った試合が多いチームが勝ち、でしょ?」と。 その人は、結局は個人が強いチームが勝つ、つまらない仕組み…
続きを読む
ダブルス

ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣を敷けば勝てる

2人でネットに出る並行陣。 ここには、実は大きな秘密が隠されている。 特に、学生の皆さんは・・・気付いている方が少ない。 今回は、改めてこのポイントについて皆さんと一緒に、考えてみたいと思います。 &…
続きを読む
ボレー

ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。 それはドロップボレー、でしょう。 でも、今回はそのドロップボレーを、劇的に楽にさせる、ある発想を紹介します。 きっと、やってみれば「簡単じゃん!」と思…
続きを読む