ストローク

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょう。 プロ選手の試合の中でも、ストローク主体の選手が多い中でいかにこのドロップを混ぜるか、が勝敗を分ける。 でも、実際に試合の中で…
続きを読む
シングルス

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

粘り強い、だけじゃない。 なぜか、なぜか自分から崩れていってしまう・・・しっかり自分も対策を練ってきているはずなのに。 上のレベルになると、ただ粘って勝ち上がる選手なんて、少ない。 そう、ミスを引き出…
続きを読む
ストローク

スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。 私が一番、スライスショットの「良いな!」と思う部分は、ココです。 スピン系だと難しいことが、スライスだと出来るのがテニスの面白いところですね。…
続きを読む
ストローク

打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

現代テニスの申し子、のような選手。 しっかり粘りながらも、浅いボールはしっかり攻撃してくるタイプの選手、増えていますよね。 広い意味で言えば、錦織選手もこのタイプかも・・・。 どう料理するか、対策を練…
続きを読む
メンタル

アナタ自身、「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

試合の中で、頼れるショット。 これは、無理やりにでも作っておきましょう。 試合の序盤、「この形が決まれば、乗っていける!」というショット、ありますか?   アナタ自身、「これが決まればリズム…
続きを読む
ダブルス

ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けて崩そう

ダブルスの試合で、ポワーンとただ後ろからつなげてくるような相手、いますよね。 前衛につかまらないように、ただ山なりに返球し続ける・・・。 こういう相手に、根負けしてしまうのはもったいない。 具体策をも…
続きを読む
ストローク

ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら、「相手を前に出すか、自分が前に出るか」の選択肢しか無いはず

今回はちょっと極端な例のお話を。 私が去年、シングルスの試合をする機会があったときに・・・もう、とにかくストロークがすごい、敵わないと思う相手でした。 そこで、割り切ってこの考えで試合をすることに。 …
続きを読む
シングルス

「アプローチショットを深く&ドロップショット」の組み合わせは、フォアハンドの逆クロスの黄金パターン

シングルスの試合、まず一つ攻撃のパターンが欲しいと思ったとき。 まずは、錦織選手も得意なこの展開から練習してみることをお勧めします。 技術よりも、戦術のイメージが大事。 どんどん試合の中で使っていきま…
続きを読む
ストローク

「相手のストロークが浅いときの返球」からのドロップショットのパターンは、徹底的に練習しておこう

シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。 のが、このパターンだと思います。 浅いボールは深く打つ?アプローチで前に出る? そんな基本パターン、相手も織り込み済ですよ。  …
続きを読む
ストローク

シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に、まずはタイプ別に分析して準備しよう!

シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない。 まともにストロークで勝てない、と思ったらどんどんドロップショットを使って相手を前におびき出す。 逆襲されることもありましたが、…
続きを読む