ボレー

ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

片手でラケットを持って、構えている人。 私はこういう人を、「片手魔人」と勝手に名付けて呼んでいます。 もちろん、心の中で・・・ですよ。 アナタの周りにもいませんか?   ネットプレーのときに…
続きを読む
ボレー

テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

テニスに柔軟性は、必要か? というご質問を、たまに頂きます。 皆さんは身体、硬い?柔らかい・・・? 意外と見落とされがちですが、テニスでも柔軟性は必要です。   テニス選手にも必要な柔軟性は…
続きを読む
ボレー

サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

前に出た時に難しい、ファーストボレー。 たくさんやるべきことを考えないで、まずはここに集中してみませんか? サーブを打って前に出るサーブ&ボレー、だからこそシンプルにボレーしていくのが一番です。 &n…
続きを読む
ボレー

ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

テニスにおける難しい技術、ローボレー。 低い位置のボレーはネットを越えて、しかも相手コート内にバウンドさせないといけない。 難しいと思うからこそ、「何となくすくい上げて、誤魔化す」ようなボレーを卒業し…
続きを読む
ボレー

全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

私は、最近常々感じていることがあります。 ストロークが得意、ネットプレーが得意。 決めるのが得意だったり、粘るのが得意・・・色々ある。 でも、その強みって、実は弱い部分をカバー出来る「才能」なんじゃな…
続きを読む
ボレー

相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

深いボレーで相手を追い込む。 サーブ&ボレーからの並行陣、まず深いファーストボレーが入れば・・・もうポイントはかなり優位に進められる。 でも浅いと反撃されるのが、現代テニスのストロークの怖い所。 深い…
続きを読む
ダブルス

魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れないのは当たり前

少し、極端な例かも知れませんが・・・。 ダブルスの試合を観ていると、感じます。 せっかくコートに2人いるのに、その強みを活かせていない。 前衛が苦手、ボールに触れない人は、この意識を持ってみて下さい。…
続きを読む
ストローク

テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。 思い出してみて下さい。 こういう試合、多くないですか・・・? 攻撃して、相手を振り回しても最後は勝てない。 求められているのは、発想の転換です!  …
続きを読む
ボレー

柔らかいボレーを磨くには、「バランスボールの周りを、大きくなでるような動き」を身に付けよう

ボレーを打つうえで、「柔らかさ」は重要な要素になる。 ただパーン!と強く打つだけでなく、前に落としたり回転をかけて相手を追い込んだり。 上方向に打つロブボレーを打つ、ような変化も必要ですね。 &nbs…
続きを読む
ボレー

ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。 それはドロップボレー、でしょう。 でも、今回はそのドロップボレーを、劇的に楽にさせる、ある発想を紹介します。 きっと、やってみれば「簡単じゃん!」と思…
続きを読む