ストローク

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょう。 プロ選手の試合の中でも、ストローク主体の選手が多い中でいかにこのドロップを混ぜるか、が勝敗を分ける。 でも、実際に試合の中で…
続きを読む
ボレー

全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

私は、最近常々感じていることがあります。 ストロークが得意、ネットプレーが得意。 決めるのが得意だったり、粘るのが得意・・・色々ある。 でも、その強みって、実は弱い部分をカバー出来る「才能」なんじゃな…
続きを読む
ストローク

浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。 ネットプレーに対抗するには、必要なショットですよね。 でも、よく考えてみて下さい。 浅いボール、アナタ自身もネットに近い位置からだと…
続きを読む
シングルス

対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

対戦相手が、急にペースを上げてくる。 試合の終盤には、きっとそういう場面もあるでしょう。 そこに慌ててはダメで、実践出来る対策がまずは必要。 試合の中でアナタが良いときもあれば、相手が良いときもある。…
続きを読む
ストローク

風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる

風が強い日、アナタはテニスの試合でどんなことを心がけますか? 風上には風上の、風下には風下の戦い方がある。 特に、風下に苦手意識を持っている人は、多いんじゃないでしょうか?   風下からは強…
続きを読む
ストローク

テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。 思い出してみて下さい。 こういう試合、多くないですか・・・? 攻撃して、相手を振り回しても最後は勝てない。 求められているのは、発想の転換です!  …
続きを読む
サーブ

ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「意外とネット上ではセンターに近いところ」を通過しているのに気づいてる?

ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。 ダブルスでもシングルスでも、必要なのは良い軌道のイメージ。 つい、厳しすぎるコース設定になってはいませんか・・・?   ワイドへ厳しいコ…
続きを読む
シングルス

テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。 そう、「崩す」からこそテニスは面白いし、ポイントを確実に獲れる。 皆さんはこのイメージ、ありますか? 今一度、ラリーの中で崩していくこと、をし…
続きを読む
ダブルス

ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣を敷けば勝てる

2人でネットに出る並行陣。 ここには、実は大きな秘密が隠されている。 特に、学生の皆さんは・・・気付いている方が少ない。 今回は、改めてこのポイントについて皆さんと一緒に、考えてみたいと思います。 &…
続きを読む
ストローク

相手の高い打点からのフラットを凌ぐ、「低い態勢からのスピンストローク」の打ち方とは?

相手のストロークが攻撃的で、厳しいとき。 特に高い打点からフラット系のストロークで打ち込まれたら、返球が難しくなる。 そんなときに、スピン系のストロークでしのぐ術、を持っておく必要がある。 格上相手に…
続きを読む