スマッシュ

スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改めて。 スマッシュは、その人のテニスの実力を如実に現している。 シンプルにすることで、まだまだアナタはスマッシュをレベルアップ出来ま…
続きを読む
ストローク

浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。 ネットプレーに対抗するには、必要なショットですよね。 でも、よく考えてみて下さい。 浅いボール、アナタ自身もネットに近い位置からだと…
続きを読む
ストローク

スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。 私が一番、スライスショットの「良いな!」と思う部分は、ココです。 スピン系だと難しいことが、スライスだと出来るのがテニスの面白いところですね。…
続きを読む
ストローク

風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる

風が強い日、アナタはテニスの試合でどんなことを心がけますか? 風上には風上の、風下には風下の戦い方がある。 特に、風下に苦手意識を持っている人は、多いんじゃないでしょうか?   風下からは強…
続きを読む
ダブルス

困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。 困ったら、とにかくロブ!ロブ! 確かに、ロブを打っていれば勝てる試合もあります。 でもそれも、市民大会の3回戦まででしょう。 そこ…
続きを読む
スマッシュ

スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。 そんな人は、ダブルスの試合から変えていきましょう。 明確に、自分たちで逃げれないようにルールを作る。 これって実は、強くなるポイントだったりします。…
続きを読む
その他

身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

皆さんは、何かコンプレックスに感じていることはありませんか? 身長、体重、出身校、経歴・・・。 もし、それをマイナスに感じているなら、それはそのまま、強みに変わる。 ハンディがあるなら、それを活かすテ…
続きを読む
スマッシュ

テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。 テニスのショットの中でも、難しいな・・・と感じる方が多いのがスマッシュ。 改めて、基本となるポイントを見直してみましょう。   テニス初心者が…
続きを読む
スマッシュ

ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返されてしまう。 特に、ネットに近い位置にいる、ということはどういうことか。 シングルスでもダブルスでも、必要なのはこの考え方です。 …
続きを読む
スマッシュ

スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーでカット・・・。 それでも女子ダブルスでは粘りで勝てるような試合もあるでしょうが、まずスマッシュをしっかり打つ、ことの重要性を認識し…
続きを読む