ストローク

速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない

ストロークで自滅する人。 並行陣、を苦手にしている人はすぐ分かります。 なぜって、物理的に難しい、ことに何度もチャレンジしているから。 そんな選手はもう、試合で戦う、前にもう勝負はついているでしょう。…
続きを読む
ストローク

並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で打ち方自体は変えないでいこう!

ショートクロスで並行陣を崩したい。 でも・・・いつものストロークと何かを変え過ぎて、おかしな感じになってはいませんか? 変える部分は、一つだけ。 そう、基本は打点だけ、です。   並行陣を崩…
続きを読む
ボレー

相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

深いボレーで相手を追い込む。 サーブ&ボレーからの並行陣、まず深いファーストボレーが入れば・・・もうポイントはかなり優位に進められる。 でも浅いと反撃されるのが、現代テニスのストロークの怖い所。 深い…
続きを読む
ストローク

浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。 ネットプレーに対抗するには、必要なショットですよね。 でも、よく考えてみて下さい。 浅いボール、アナタ自身もネットに近い位置からだと…
続きを読む
ダブルス

困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。 困ったら、とにかくロブ!ロブ! 確かに、ロブを打っていれば勝てる試合もあります。 でもそれも、市民大会の3回戦まででしょう。 そこ…
続きを読む
ダブルス

ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣を敷けば勝てる

2人でネットに出る並行陣。 ここには、実は大きな秘密が隠されている。 特に、学生の皆さんは・・・気付いている方が少ない。 今回は、改めてこのポイントについて皆さんと一緒に、考えてみたいと思います。 &…
続きを読む
ボレー

ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない

ダブルスの試合、年齢が上がるに従って並行陣で戦う選手は増える。 これは攻撃的な陣形のようで、実は雁行陣の弱点である「前」のスペースを消す、実は守備的な陣形であったりもします。 ネットに出たから、攻撃!…
続きを読む
ダブルス

ダブルスの試合で、「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。 一番は、「お見合い」「譲り合い」で、返球出来ないときじゃないですか? これは、特に社会人の一般ダブルスで多いように思います。 譲り合…
続きを読む
ボレー

並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」をしておくことで楽になれる

ダブルスの試合、サーブ&ボレーで前に出ても沈められて、苦しくなる人。 きっと、「何が何でもクロスに深く」という意識が強いんでしょう。 でも、ちょっと肩の力を抜いて、楽に考えて欲しい。 絶対にリターンの…
続きを読む
ダブルス

「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。 並行陣で前に詰められると、もう手立てが無い・・・ようなプレッシャーを感じる試合、皆さんは経験ありますか? きっと、こういった試合を経験すること…
続きを読む