ストローク

テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも極めていけば良い

サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。 全てのショット、速さが欲しいですよね。 何度かこのサイトで、「スピードショットは危険、控えた方が良い!」と書いてきましたが、それでも打ちたくなるのがテニ…
続きを読む
サーブ

重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。 こう考えている方は、しっかり肩を入れた状態を意識すると良いでしょう。 思い切って、相手に背中を向けるくらいの意識でいきましょう!  …
続きを読む
ストローク

クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!

ストローク、特にクロス方向へのショットは一番使うショット。 シングルスでもダブルスでも、このショットを軸に試合を作っていくのがテニス。 でも・・・なかなか安定しない、という人はいませんか?  …
続きを読む
サーブ

安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている気がします

サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか? 「大事なショットだから、かなり使っている・・・」と思った方は、少し黄色信号かも知れない。 トッププロレベルなら確かにサービス力が試合を大きく左右しま…
続きを読む
ストローク

アナタの試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか? きっと、少ないはず。 シングルスの試合では、相手が前に出て来ないとなかなか使えないですよね。 だからこそ、意識が薄くなるし本当に効果的なロブ、につ…
続きを読む
ストローク

速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、という悩みはどうすれば解消出来る?

皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。 バックハンドに速いボールを打たれると、どうしようもなくなってしまう・・・という方、多いようです。 確かに、一番やられそうなパターンですよね。 …
続きを読む
ストローク

試合で使える「重たいストローク」を身に付ける為に、必要な意識4つ

試合で有効な、「重たい」ストローク。 よく表現されるのは、回転量が多い「エッグボール」と呼ばれるような軌道。 ベースライン際でカクンと落ちて、コート深くに入るストローク・・・理想ですよね。 確かに、難…
続きを読む
ストローク

ストロークでスピン回転がかからない、弱い人は、「ボールに合わせてスウィングを調整」し過ぎな可能性大

ストロークでスピンがしっかりかからない。 スピン系のショットが安定しないと、試合でラケットを振れなくなって気持ちが引いてしまうはず。 そうならないように、必要な意識から考えていきましょう。 ポイントは…
続きを読む
シングルス

シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

シングルスの試合で、求められるストローク。 それは、外に逃げていく軌道のストローク、がポイントになってくる。 深いストロークも大事ですが、下がって対応されるとなかなか厳しいですよね。 今回は、いかに相…
続きを読む
サーブ

セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいくかも

最近、私のマイブーム。 それは、セカンドサーブのトスの高さを低くすること。 元々、トスは低い方なんですが、セカンドサーブは特に低くしてみると、最近良い感じです。 皆さんに当てはまるかどうか分かりません…
続きを読む