ストローク

速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で対応するところから始めよう

相手のストロークが鋭い、なかなか付いていけない。 そんなときに意識したいのは・・・何ですか? 無理やり焦っても、テニスはどんどんポイントが進行していく。 事前に策を持っておかないと、あっという間に試合…
続きを読む
スマッシュ

相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。 スマッシュを打ち込まれそうになっても・・・慌てないで、出来る限りの対応をする。 この意識は、勝つ試合を増やすうえでも大事。 そして自分の身を守る意味でも…
続きを読む
シングルス

対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

対戦相手が、急にペースを上げてくる。 試合の終盤には、きっとそういう場面もあるでしょう。 そこに慌ててはダメで、実践出来る対策がまずは必要。 試合の中でアナタが良いときもあれば、相手が良いときもある。…
続きを読む
ダブルス

ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣を敷けば勝てる

2人でネットに出る並行陣。 ここには、実は大きな秘密が隠されている。 特に、学生の皆さんは・・・気付いている方が少ない。 今回は、改めてこのポイントについて皆さんと一緒に、考えてみたいと思います。 &…
続きを読む
その他

試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」によってだいぶ違ってくる

自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。 アナタが思っている以上に、テニスコートは広いし立っている場所によって必要なショットも異なる。 技術以上に、自分が立っている場所を確認すること。 まずは、…
続きを読む
ダブルス

ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。 まず冷静になって、クロスの選手、つまりは後衛同士の実力差を考えてみましょう。 そうすることで、前衛としてどういうプレーが有効なのか。 きっと見えてくるはずで…
続きを読む
フットワーク

西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている

「フットワークは、自分の武器です!」 と、言い切れる人はきっと足は速いんでしょう。 でも、本当にそれだけで、武器になりますか? 今、結果を出し始めている西岡選手、のプレーを観てみて下さい。 足が速いだ…
続きを読む
メンタル

テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!

試合の中で、「やばい、甘くなった・・・」と思うこと、ありますよね。 でも、ここで一つ、冷静になって欲しい。 テニスの試合って・・・相手のチャンス、の場面こそ実はアナタの反撃のチャンス。 このことに気付…
続きを読む
ストローク

フォアハンドストロークが安定しないときには、「打点は前だけど、ゆったり振ってみる」ことで調子を戻せるはず

試合の中で、アナタの武器はきっと「フォアハンドストローク」じゃないでしょうか? そのフォアハンドが、緊張して触れない・・・どうしよう・・・となるとき。 これは、誰でも経験があると思います。 経験がある…
続きを読む
リターン

ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう

相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。 そんな試合で、どう突破口を開いていくのか、課題にしている人は多いはず。 上のレベルになれば、サーブのレベル、ブレイクの難易度はグッ…
続きを読む