ストローク

テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも極めていけば良い

サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。 全てのショット、速さが欲しいですよね。 何度かこのサイトで、「スピードショットは危険、控えた方が良い!」と書いてきましたが、それでも打ちたくなるのがテニ…
続きを読む
サーブ

明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。 毎回同じような気持ち、メンタルで打てない・・・人は、こんなの試してみてはどうでしょうか? なかなか、日常だと起きていて目を閉じる、という行為…
続きを読む
ボレー

サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

前に出た時に難しい、ファーストボレー。 たくさんやるべきことを考えないで、まずはここに集中してみませんか? サーブを打って前に出るサーブ&ボレー、だからこそシンプルにボレーしていくのが一番です。 &n…
続きを読む
ストローク

ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

ストロークのコントロールで、差が出る部分。 それは、ストレート、ダウンザラインに展開するときに一番現れやすい。 皆さんは、しっかりコントロール出来てますか? このショットのレベル、がそのまま試合の勝敗…
続きを読む
メンタル

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

サーブ、ストローク、ボレー・・・。 皆さんの周りにも、いませんか? ノータッチエース、相手に触られないでポイントを獲ることに美学を求める人。 そんな人は、そもそも性格がテニスに向いていないと思うんです…
続きを読む
サーブ

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

試合でサーブがなかなか入らない。 サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。 でも、その原因を知っていれば大丈夫。 自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。 &n…
続きを読む
ストローク

相手の高い打点からのフラットを凌ぐ、「低い態勢からのスピンストローク」の打ち方とは?

相手のストロークが攻撃的で、厳しいとき。 特に高い打点からフラット系のストロークで打ち込まれたら、返球が難しくなる。 そんなときに、スピン系のストロークでしのぐ術、を持っておく必要がある。 格上相手に…
続きを読む
ボレー

柔らかいボレーを磨くには、「バランスボールの周りを、大きくなでるような動き」を身に付けよう

ボレーを打つうえで、「柔らかさ」は重要な要素になる。 ただパーン!と強く打つだけでなく、前に落としたり回転をかけて相手を追い込んだり。 上方向に打つロブボレーを打つ、ような変化も必要ですね。 &nbs…
続きを読む
サーブ

サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい

サーブの体重移動、皆さんどんなポイントを意識してるでしょうか。 なかなか、緊張した場面では難しい、考え過ぎてフォームがバラバラに・・・・ということもありますよね。 今回は、改めて基本について確認してお…
続きを読む
サーブ

スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

スピンサーブをしっかり高く、弾ませて相手を追い込みたい。 そう考えている人は、まず原則の部分から確認しておきましょう。 グリップや打ち方も大事ですが、まずこの基本から、ですね。   スピンサ…
続きを読む