ストローク

テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも極めていけば良い

サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。 全てのショット、速さが欲しいですよね。 何度かこのサイトで、「スピードショットは危険、控えた方が良い!」と書いてきましたが、それでも打ちたくなるのがテニ…
続きを読む
スマッシュ

スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改めて。 スマッシュは、その人のテニスの実力を如実に現している。 シンプルにすることで、まだまだアナタはスマッシュをレベルアップ出来ま…
続きを読む
サーブ

重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。 こう考えている方は、しっかり肩を入れた状態を意識すると良いでしょう。 思い切って、相手に背中を向けるくらいの意識でいきましょう!  …
続きを読む
ストローク

ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

ストロークのコントロールで、差が出る部分。 それは、ストレート、ダウンザラインに展開するときに一番現れやすい。 皆さんは、しっかりコントロール出来てますか? このショットのレベル、がそのまま試合の勝敗…
続きを読む
ストローク

ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょう。 プロ選手の試合の中でも、ストローク主体の選手が多い中でいかにこのドロップを混ぜるか、が勝敗を分ける。 でも、実際に試合の中で…
続きを読む
ダブルス

「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか? 味方同士、励まし合いながら・・・のつもりが、一声で余計に緊張させてしまう。 そんな経験ありませんか? 無い、という方は・・・もっとペアの表…
続きを読む
ストローク

浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。 ネットプレーに対抗するには、必要なショットですよね。 でも、よく考えてみて下さい。 浅いボール、アナタ自身もネットに近い位置からだと…
続きを読む
サーブ

試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。 ですが・・・意外と、しっかり正面に深いサーブを狙うのは難しい。 なぜなら、サーブって少なからず変化していく、曲がっていく軌道だからですね。   試合…
続きを読む
スマッシュ

スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。 でもそれも、中級レベルまででしょう。 上のレベルで勝っていくには、スマッシュに必要なポイントがハッキリしてくる。 きっと、気付いていないで拾わ…
続きを読む
ダブルス

魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れないのは当たり前

少し、極端な例かも知れませんが・・・。 ダブルスの試合を観ていると、感じます。 せっかくコートに2人いるのに、その強みを活かせていない。 前衛が苦手、ボールに触れない人は、この意識を持ってみて下さい。…
続きを読む