サーブ

サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。 「そんなの、プロ選手だけでしょ・・・」と思った方、意識を変えましょう。 テニスのレベルに関係なく、ボールの感覚に敏感になることは大事です。   サー…
続きを読む
ボレー

ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!

ボレーを打つ時に、意識したいこと。 それは、なるべく「腕だけで打ちにいかない」こと。 ソフトテニスと大きく異なる、硬式テニスの部分、でもあります。 つい、上半身から反応、してしまってはいませんか? &…
続きを読む
ストローク

テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い

前衛で、動きが遅い、なかなか触れない人は、考えて欲しい。 相手を、過大評価していること、に気付かないと損。 ストロークって、そんなに自由に打ち分けられる・・・ものでは無い、んです。   テニ…
続きを読む
サーブ

まっすぐな方向にサーブが打てれば、「両サイド共にしっかりコースを狙える」ようになる

サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。 でもコントロールが全く出来ない・・・という方は、シンプルに、まずまっすぐ打てるようになりましょう。 サーブをまっすぐ打つ、ことって意外と難しい。…
続きを読む
ボレー

ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

ネットに詰めて、ハイボレー! これをチャンスと見るのか、そうでないと見るのか・・・。 テニスの試合に強い選手なら、気付いているはず。 意外とこれ、簡単なショットじゃないんですよね。   ネッ…
続きを読む
スマッシュ

相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。 スマッシュを打ち込まれそうになっても・・・慌てないで、出来る限りの対応をする。 この意識は、勝つ試合を増やすうえでも大事。 そして自分の身を守る意味でも…
続きを読む
フットワーク

テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガチ。 テニスの試合、どこかで力を抜くポイントを作っておかないと、いくら体力があっても足りない。 同時に、力を入れるポイントはどこな…
続きを読む
ボレー

ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

片手でラケットを持って、構えている人。 私はこういう人を、「片手魔人」と勝手に名付けて呼んでいます。 もちろん、心の中で・・・ですよ。 アナタの周りにもいませんか?   ネットプレーのときに…
続きを読む
ボレー

サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

前に出た時に難しい、ファーストボレー。 たくさんやるべきことを考えないで、まずはここに集中してみませんか? サーブを打って前に出るサーブ&ボレー、だからこそシンプルにボレーしていくのが一番です。 &n…
続きを読む
サーブ

重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。 こう考えている方は、しっかり肩を入れた状態を意識すると良いでしょう。 思い切って、相手に背中を向けるくらいの意識でいきましょう!  …
続きを読む