ボレー

ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

片手でラケットを持って、構えている人。 私はこういう人を、「片手魔人」と勝手に名付けて呼んでいます。 もちろん、心の中で・・・ですよ。 アナタの周りにもいませんか?   ネットプレーのときに…
続きを読む
ボレー

テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

テニスに柔軟性は、必要か? というご質問を、たまに頂きます。 皆さんは身体、硬い?柔らかい・・・? 意外と見落とされがちですが、テニスでも柔軟性は必要です。   テニス選手にも必要な柔軟性は…
続きを読む
その他

自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。 いつも、周りからどう見られているか、を気にしている。 最近はそうでも無いですが・・・高校、大学時代は、本当にそんな感じでした。 そしてどこか、…
続きを読む
メンタル

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

サーブ、ストローク、ボレー・・・。 皆さんの周りにも、いませんか? ノータッチエース、相手に触られないでポイントを獲ることに美学を求める人。 そんな人は、そもそも性格がテニスに向いていないと思うんです…
続きを読む
シングルス

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

粘り強い、だけじゃない。 なぜか、なぜか自分から崩れていってしまう・・・しっかり自分も対策を練ってきているはずなのに。 上のレベルになると、ただ粘って勝ち上がる選手なんて、少ない。 そう、ミスを引き出…
続きを読む
ボレー

全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

私は、最近常々感じていることがあります。 ストロークが得意、ネットプレーが得意。 決めるのが得意だったり、粘るのが得意・・・色々ある。 でも、その強みって、実は弱い部分をカバー出来る「才能」なんじゃな…
続きを読む
シングルス

対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

対戦相手が、急にペースを上げてくる。 試合の終盤には、きっとそういう場面もあるでしょう。 そこに慌ててはダメで、実践出来る対策がまずは必要。 試合の中でアナタが良いときもあれば、相手が良いときもある。…
続きを読む
リターン

ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

サーブが強力な相手に、どう戦うのか。 なかなかチャンスを作れない、ブレイク出来る雰囲気が無い・・・ような試合、突破口を開いていきたい。 その為に、まずはこの意識で粘り強くリターンゲームを進めていきまし…
続きを読む
ストローク

どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事

自分のプレーを見直したいとき。 この基本を、まずは意識してみて欲しい。 試合の中で調子が悪いときも、意識するだけでスコアを戻せるはず。 学生の皆さんも、負けているときこそ意識してみて下さい。 &nbs…
続きを読む
練習メニュー

相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー

シングルスの試合で求められる、丁寧な攻撃とそれを凌ぐボール。 走って追いつく、それから山なりの返球をしたところからの基本ラリー、をしっかり練習するメニュー。 ミスを少なく、シングルスの基本練習としてし…
続きを読む